自宅の耐久性が遥かに高くなる外壁塗装をしよう

一軒家

下準備が大切

ペンキ

作業工程は要チェック

外壁塗装は10日から14日程度をかけて行われていくのが一般的です。実際の作業の流れとしてはまず、業者が近隣の住宅に工事のあいさつ回りを行うのが一般的です。近隣とのトラブルを避けるためには欠かせない工程であると言えるでしょう。なお、業者側が行わない場合は自身で予め近隣に一声かけておくのが賢明です。次に行われるのが足場の着工です。外壁塗装は高所での作業も伴う為、足場が欠かせません。安全性や作業の効率化を考えると必要不可欠なもので、住宅が大きければ大きい程、足場の組み立てには時間が掛かります。この足場が完成したら本格的な外壁塗装作業に進んでいきますが、まず、下準備として高圧洗浄機を使用して外壁の汚れを落としていきます。見た目の問題だけでなく塗料を塗る際の色の付き具合にも影響があるので、下準備と言えど欠かせない工程であると言えるでしょう。その後、外壁と外壁の間に埋め込まれた古いコーキング材を剥がし、新しいコーキング材を埋め込んでいきます。このコーキング処理が上手く行くか否かで建物の耐久性にも影響が及ぶので時間と手間をかけて行われて行きます。これらの下準備を経て、初めて外壁塗装が行える様になるのです。最終的な作業となる塗装は下塗り、中塗り、上塗りと言った形で計3回にわたって行われていき、最終チェックを経て完了となります。1つ1つの作業には意味があり、どれも手を抜けない工程となっています。愛知県内で業者を選ぶ際は業者との打ち合わせの際にしっかりとこの工程の打ち合わせも行っていきましょう。愛知県内であれば、業者が数多く揃っている分、万が一、工程に手抜きを感じる業者がいても愛知県内の別の業者に変更を行えます。この様に外壁塗装を行う上で愛知県は恵まれた環境と言えるでしょう。